目安量を負担なく摂取

錠剤

健康や美容の悩みは、年代によってどうしたって増える傾向です。中でも、女性にとって交わすことのできない不調は40代・50代の「更年期」に訪れています。ホルモンバランスが乱れることで、典型的な症状である「のぼせ・多汗・イライラ」などが起こります。閉経を迎える女性ならば、誰もが経験するために、あまり深刻にならず、上手な付き合い方がポイントになっています。そこで注目されるのが、更年期の症状を和らげる大豆イソフラボンなどのサプリです。豆乳や納豆などの大豆食品(健康食品)を積極的に取るよりも手軽で、抽出エキスも濃いため、1日の目安量(40mg)を効率良く摂取できます。

女性らしさをキープ

薬を持つ人

更年期では、エストロゲンの分泌量が低下することにより、「ダルさ・めまい・ホットフラッシュという火照り」が現れます。今や健康食品として、栄養素が濃縮・凝縮されたサプリを身体に摂取することができます。何より、どの症状にも当てはまるサプリが人気を集めており「イライラ・のぼせ・肩こり」などの症状に総合的に作用します。こうしたツラい更年期での症状を和らげるためには、ホルモンバランスを整えるために美意識を高めることも必要だと言います。例えば、ローヤルゼリーには良質のたんぱく質だけでなく、ビタミンやミネラルなどが含まれています。女性の身体はデリケートだからこそ、こうした女性らしい美しさや若々しさに深く関わるサプリが人気を集めています。

専門家のお墨付き

サプリ服用

更年期にサプリを愛飲する女性は多いようで、人気のワケは予め不調の原因、関わる年代が分かっているため、適したサプリで対処ができることにあるようです。毎月のリズムに乱れが出始めれば、食事では大豆製品を摂り入れることができたり、もちろん、大豆イソフラボンはリズムを整えるのに役立つようです。ニオいもなく、味わいも無味で、摂り入れやすいようです。また、一般的にサプリに使われるのは酸化型ですが、還元力は加齢に伴いどうしても低下していきます。だからこそ、ダイレクトに働く還元型サプリが人気を呼んでいるようです。年齢とともに減少する女性ホルモン、十分な量をキープするには外から補うしか方法はありません。今や、健康食品として医療機関であるレディースクリニックでも手に入れることができるものですから、ハイグレード版としても評価されています。また、レディースクリニックですから、女性ホルモンの注射なども併用できますから、よりラクに更年期をやり過ごすことができる点でも人気のようです。

広告募集中