HOME>オススメ情報>意外と毎日食べていない乳酸菌などの菌を意識して食べよう

いろいろな菌を摂取しよう

胃腸

世の中にはたくさんの菌がおり、乳酸菌はもちろんですがキノコ類も菌類ですし、発酵食品にも菌が入っています。食生活が欧米化したこともあってか、便秘になり下腹部がポッコリしているのを気にしている人が増えました。毎日の食生活の中に無理なくいろいろな菌を取り入れる菌活を始めてみませんか。食後にヨーグルトを食べるのも良いですし、キノコ類や納豆などの発酵食品を食事にたくさん使ってみてください。これが菌活ですから、決して大変ではありませんし、自然に続けられます。ヨーグルトはなんでもいいと言うわけではなく、自分に合っている菌が入っていることが大事なので、2週間食べ続けても便秘が改善されない場合は他のヨーグルトに変えてみてください。

他の食材もバランスよく食べよう

ヨーグルトや納豆など菌が入っている食材を積極的に取り入れる菌活を始める際に、気を付けなくてはならないことがあります。確かに、菌が入っている食材は体に良いので積極的に食べた方が良いですが、他の食材もバランスよく食べましょう。ビタミンやミネラルなども体には必要な栄養素なので、偏らない食事にしてください。様々な食材と菌が入っている食材とを美味しく組み合わせれば、毎日菌活できますし、健康的な体に変わるでしょう。

肉類を食べたい時は気を付けましょう

肉も食べたくなることがあるかもしれないのですが、肉類は腸内に悪玉菌を増やしてしまう食材なので注意が必要です。肉ばかりを食べれば、菌活していても腸内環境が悪化する恐れがあるので、食事に一工夫しましょう。野菜をたっぷり食べて食物繊維を摂取してください。善玉菌は食物繊維が大好きなので、肉を食べても悪玉菌が増えにくくなります。他にもスイーツやスナック菓子、揚げ物など悪玉菌を増やす食べ物があるので、これらを食べる時も同様に野菜をたくさん食べましょう。

広告募集中