HOME>トピックス>ハッピーライフを迎えるためにできることから始めよう

目次

変化する女性の心と体にどうやって対処する

女性の体は、一生を通じて変化します。大きな変化を迎える時期の一つとして、閉経を迎える前後5年間、一般的には40代後半~50代前半にあたる期間が該当します。この期間は更年期と呼ばれ、女性ホルモン(エストロゲン)の血中濃度が減少し、体や心に不調を訴える女性が多く見られます。辛い更年期症状を緩和するために、更年期に積極的に摂取したい食品がいくつかあります。日々の食生活の中で摂取を心がけたいものですが、不足しがちな栄養については、手軽に摂取できるサプリメントなどの栄養補助食品を併用することも有効な手段の一つです。

減少する女性ホルモンを補うために

更年期に積極的に摂取したい食品の一つが大豆です。大豆には、女性ホルモンに似た作用を持つと言われる大豆イソフラボンという成分が含まれています。最近では、腸内でイソフラボンの成分から作られるエクオールに、大豆イソフラボンを上回る作用があると言われています。ただし、腸内でエクオールを産生する腸内細菌を持っている日本人は5割程度だそうです。産生出来ない場合は、サプリメントなどで補うことが効果的です。

減少する骨量を意識します

女性ホルモン(エストロゲン)の減少により、骨の代謝のバランスが崩れ、骨量が減少していきます。そこで、更年期からは、骨や軟骨のケアを意識して、カルシウム、ビタミンD、グルコサミンなどを意識して摂取していきたいものです。食生活では適量が分かり難いので、摂取量が定められたサプリメントを活用することも手軽な手段と言えます。

飲み合わせや適量を守ります

忙しい日々の中、食生活だけで更年期に必要な栄養素を摂取するということは、なかなか難しいものです。そこで不足しがちな栄養を確実かつ手軽に摂取する方法の一つとして、サプリメントなどを活用することは、更年期を生き生きと乗り切るための有効な手段の一つと言えます。サプリメントを摂取する場合は、飲み合わせやアレルギー症状に注意することや、不安がある方はかかりつけ医に相談の上、適量を摂取していくことが大切です。

広告募集中